キットカナウ 3 / miwa

2 months ago

キットカナウ 2 / miwa

2 months ago

キットカナウ 1 / miwa

2 months ago

kzipc:

応援キットカット #miwa

2 months ago 2 notes

Faith / miwa

2 months ago 6 notes
30th
January
1 note
Reblog
Faith / miwa 初回限定盤 SRCL-8477

Faith / miwa 初回限定盤 SRCL-8477

2 months ago 1 note
30th
January
1 note
Reblog
Faith / miwa 通常盤 SRCL-8479

Faith / miwa 通常盤 SRCL-8479

2 months ago 1 note

ソニーミュージック新卒採用2015 - アーティストと二人三脚で一歩ずつ

アーティストと二人三脚で一歩ずつ

メジャーデビューから3年。2013年3月には念願の日本武道館公演も大成功に収めたシンガーソングライター、miwa。その成功の裏側には、レーベルスタッフの地道な努力と考え抜いた知恵がある。 アーティストの制作活動全般に関わり、戦略や方向性、企画から発売までヒットづくりのすべてを取り仕切る司令塔ともいえる「A&R」の仕事について、miwaをデビュー当時から支え続けたソニー・ミュージックレコーズのA&Rスタッフがその思いを語った。

miwaとの出会い

レーベルのA&Rとしてアーティストを育て、ヒットを生み出していくことが私の仕事です。miwaは大学1年生の冬にメジャーデビューしましたが、彼女が高校2年生の頃から育成に携わっています。会社に来てもらって、会議室で曲を書いたり、スタジオでレコーディングしたり。せっかく高校生なんだから今しか作れない曲を作ろうよって。その頃から、デビュー曲~3枚目のシングルくらいまでのシミュレーションを常に考えていました。

ブレイクまでの軌跡

デビュー当時、miwaがライブに強いシンガーソングライターであることをリスナーにしっかりと伝えたいと考えました。デビュー前のデモで素晴らしいバラード曲は数曲あったので、武器を作る意味もあり「ライブでインパクトのある、盛り上がれる曲」を意識し、1枚目と2枚目のシングルではアコギを力強く弾きながら歌うイメージを固めていきました。その次に3枚目でエレキを持たせるというサプライズまではデビュー前に決めていました。その後も固まったイメージにとらわれず新しいチャレンジをし続けて「ヒカリへ」という大きなヒットも生まれました。

制作において大切にしていること

miwaのようなシンガーソングライターに対しては本人が生み出すものが大切ですから、普通に日常生活を過ごしてもらったり、アイデアが出やすい環境作りを意識していますが、時には曲作りの前に何日も何十回もメールのやりとりをしてディテールを固めることもあります。彼女の作った作品の最初のリスナーになるわけですからそこは厳しく(笑)。私たちの仕事はアーティストが必死な想いで生み出した楽曲を、「データ」ではなく、心に突き刺さる大切な「作品」として提供することだと思っています。そのためには1曲1曲の価値を上げることと、楽曲に込めた思いをリスナーに共感してもらうことが大切です。今は何もしなくても大量の情報が入ってくる時代ですが、ただ曲を聴いてもらうというだけでなく、曲が誕生した背景や想いを、SNS等を利用して制作過程から発信し続けています。そうすることで、リスナーは楽曲が持つストーリーに参加でき、曲自体がドキュメントになります。そうした共感がライブを盛り上げ、楽曲の持つ世界観や魅力も広げてくれます。

チームとしての取り組み

今お話ししたようなアーティストの成長の過程を具現化するようなアプローチは、ともすると事務所や宣伝担当と意見が異なり、動きが鈍くなるケースもあります。幸いmiwaの場合は所属事務所、宣伝担当、スタイリストから、ライブのサポートミュージシャンまで関わるスタッフが皆同じ思いを共有できました。例えば衣装選びにおいても、楽曲の世界観に合わせてファンの女の子が真似したくなる近さを意識して選んでもらっています。デビュー当初は特にmiwaというアーティストが、ライブパフォーマンスもできて自分で曲も作って歌えるシンガーソングライターであることを瞬間的に認識してもらうために、例えば写真に写る際は必ずギターを手に持たせたり、ライブイベントは積極的に参加し、まわりがバンドでもギター1本で歌わせてもらったりするなど努めました。

今後の展望

miwaは19歳でデビューし、現在23歳。ファンとともに1つ1つ歳を積み重ねながら、無理なく等身大で、本人の人生経験を踏まえて同世代のファンの共感を得られるような曲を作ってこれたと思います。その点をこれからも意識しながら、今後もファンにとって大きな思い出になるような楽曲をアーティストとともに作り出していきたいと思います。miwaは本当に音楽が大好き、曲を作ることが大好きなので、その中で私たちA&Rが新しい刺激を作ってあげることで、アーティストが可能性を広げられるような、今までと違う引き出しを開けられ

2 months ago 1 note
30th
September
240 notes
Reblog
音楽と人 2013年11月号

音楽と人 2013年11月号

6 months ago 240 notes

ROCKIN’ ON JAPAN 2013.11

6 months ago 478 notes